禁煙禁断症状克服!離脱症状に負けず絶対禁煙するための情報!!


時期別!期間ごとのタバコ禁煙時の禁断症状の一般的な流れ

禁煙をすると禁煙による禁断症状が出てくると言われています。期間は個人差があるものですが、最初の2、3日が特につらいと言われています。

 

初日は意思も強いですし、なんとか乗り越えることができるのですが、日が経つにつれて禁断症状が出てくるようになります。

 

イライラしたり、不安な気持ちになってしまうのです。タバコというのは中毒性が強いですから、禁断症状というものがでてしまいます。

 

咳がでたり、熱がでたりと風邪と同じような症状がでてくるようになります。また、禁断症状と言うのは1週間、2週間、3週間と続きます。

 

それに、なにも禁断症状というのは自分のことだけではありません。それだけの期間が続けば、どこかで誘惑に遭遇することは必ずあります。

 

仕事をしていると同僚や取引先の人が喫煙者ということはよくあることです。居酒屋へ行けばタバコの煙ば誘惑してくるということもあります。

 

ここでタバコを吸いたくもなるのですが、ここで負けないようにする必要があります。

 

2ヶ月もすれば禁断症状というのは軽くなっていき、3ヶ月もすればタバコを吸いたくなくなると言われています。

 

これには個人差があるので、あくまで目安と考えましょう。禁煙に限らず「3日」「3週間」「3ヶ月」というのが習慣を作るうえで重要な区切りと言われています。

 

3日坊主と言う言葉もありますが、禁断症状はこの3くくりで症状がつらくなるので何とか乗り越えましょう。

 

では、この3ヶ月というのはどのような感じになるでしょうか?

 

まず、最初の壁である3日なのですが、3日間禁煙をすることで体内から完全にニコチンが抜けることになります。

 

個人差はありますが、ここで禁煙の効果を実感できるようになるでしょう。軽い運動をしても息が上がらないような感覚を実感できます。

 

ですが、まだまだタバコを吸いたい時期ですし、イライラなどの禁断症状は起きるでしょう。油断をせずにリラックスできるように過ごしましょう。

 

そして3週間、1ヶ月もすれば禁煙による禁断症状はほとんどなくなります。タバコを吸わなくてもイライラしなくなり、気持ちも楽になるでしょう。

 

ですが、ここで気持ちが緩んでしまうと、少しぐらいなら吸ってみようかと思ってしまうかもしれません。ですから、要注意ポイントとも言えますね。

 

そして3ヶ月もすれば禁煙成功と言えます。もうタバコを吸いたくなるような衝動にかられることはないでしょうし、咳や痰などの禁断症状もなくなります。

 

ぐっすりと寝ることができるので、体力の回復も実感できて、体が軽くなるでしょう。禁煙に成功した人は、だいたいこのように3ヶ月を過ごしています。

 

3ヶ月もすれば禁煙はほとんど成功ですが、強いストレスを感じるとタバコに逃げてしまう可能性があります。

 

禁煙を成功せるためには普段からストレスを溜めこまないように、リラックスできる習慣を持つことで乗り越えることができるようになるでしょう。

 

ストレスを溜めこまないというのは禁煙を成功させる重要なポイントになります。ですから、なにか没頭できるような趣味を持つことが禁煙成功に重要なことです。

スポンサードリンク

 


禁煙禁断症状TOP 禁煙禁断症状まとめ 禁断症状の緩和 禁断症状対策のススメ